本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>「パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 6」-2

役に立つ心理学コラム「「パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 6」-2」

「パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 6」-2

吉福伸逸さんのセラピーについての第6回です。
今回は、過剰介入と過少介入についてです。

・拮抗する力
吉福さんは、プロセスを促進するためなどに介入する時、「クライアントの力と拮抗する力でアプローチする」ことが大切だと強調していました。ここで言う「力」とは、クライアントが発する心理的・身体的な反応のエネルギーと考えていただければいいでしょう。

吉福さんは、ソマティックと呼ばれる身体心理学的アプローチを多用しました。例えば、クライアントの腹部にひきつるなどの反応が出たとしましょう。その際、吉福さんは、クライアントの腹部にそっと手を当てます。そうすると、クライアントの腹部の反応が拡大してきますので、それにあわせる形で、少しづつ力をかけていくのです。その際、クライアントの反応を早く引き出そうとして、無理に力を入れてはいけません。あくまで、クライアントの反発力に拮抗する力をかけていくのです。

吉福さんは、ソマティック以外のアプローチとして、ゲシュタルト療法、認知行動療法、イメージ療法などを適用することが多かったのですが、拮抗する力という考え方は、どのような心理療法の場合にもあてはまります。クライアントから抑圧されてきた感情が出そうになった時、けっして無理に出させようとせず、しかし、微妙な反応が拡大するように注意深くアプローチしていくのです。

こうしたアプローチをしていくとき、吉福さんが強調していたのが、過剰介入をしないこと、しかし、過少介入にならないようにするということです。

セラピストは、クライアントをなんとかしたいと言う気持ちを強く持ち過ぎてしまうことがあります。そうした場合、プロセスが早く進行するように無理なアプローチ、つまり過剰介入をしてしまうのです。例えば、ソマティック的なアプローチをしているときに、拮抗する力よりはるかに強い力をかけてしまうのです。あるいは、ゲシュタルト療法のエンプティーチェアを適用している時、もっと感情を出すように無理に誘導してしまうのです。こうなると、クライアントは、自分の無力さに絶望してプロセスを止めてしまうか、セラピストの希望に添うようなプロセスを演じるようになるかもしれません。

過少介入になってしまう場合は、たいていセラピストの中にクライアントのプロセスが拡大していくことに対する不安や恐れがあります。セラピストは、介入のチャンスを見逃し、介入したとしても中途半端になりがちです。中途半端な介入は、クライアントに欲求不満な気持ちを起こさせるでしょう。あるいは、本気で自分のプロセスにかかわってくれないセラピストに絶望するかもしれませんし、見捨てられたという感情を誘発するかもしれません。

プロセスが拡大していったとき、もっともセラピストを不安にさせるのが、クライアントが起こすアクティングアウトです。アクティングアウトとは、葛藤や抵抗の行動化のことで、セラピストに対する激しい抗議、コントロールできない怒り、暴力などの形で表に現れます。

多くのセラピストは、このアクティングアウトを恐れて、つい過少介入になってしまうのです。

<つづく>


役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(425)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ