本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>「エッセー:パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 4」-2

役に立つ心理学コラム「「エッセー:パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 4」-2」

「エッセー:パワー オブ ダンス〜吉福さんのセラピー〜 4」-2

吉福伸逸さんのセラピーについての第4回です。今回から第2部「吉福セラピーの流れ」に入ります。
・非言語メッセージへの注目
人は、言葉だけでコミュニケーションしているわけではありません。一説には、情報量の80%は、言語以外の表現手段によってやりとりをしているのだそうです。つまり、人は、言葉以外に、表情、しぐさ、姿勢、声の調子などの非言語メッセージによって会話しているのです。
吉福さんは、セラピーの中で、クライエントの非言語メッセージに細心の注意を払っていました。そして、心臓から遠い部分の微妙な動きを見逃さないようにということを強調していました。
例えば、テレビのニュース番組等で、ニュースキャスターのするどい質問に追い込まれた企業のトップや政治家などの偉い方を想像してみましょう。最初のうちは満面に笑みをたたえているかもしれません。テレビでは、たいてい顔を映しますから、その笑顔で、その人の本心はごまかされてしまうかもしれません。微妙な目元の緊張、口元の歪み、声のトーンの変化などはあるかもしれませんが、人は仮面をかぶるのが得意ですから、なかなか表情からだけでは、本心が読めないものです。中には、感情をまったく表さない能面のような表情が得意な方もたくさんいらっしゃいます。
もし、カメラが、手先などのいわゆる心臓より遠くにある部分を写したら、よく観察してみるといいでしょう。指先が微妙に震えていたり、拳を握っていたり、奇妙な動きをしていたりするかもしれません。指先が、そうした不可思議な動きを見せたら、その人が相当追い込まれていることを示していると考えていいでしょう。せっぱつまり、おびえ、あるいは、キレる寸前なのかも知れません。人は、追いつめられると、表情はごまかせても、手足の指先などの末端部分には神経が行き届かなくなるのです。
TVキャスターに勇気があり、さらに徹底追及したら、その人は、本当にキレてしまいます。手の動きは激しくなり、口調はもはや怒りに震えているでしょう。「あなたの質問に答える義務は無い!」などと、大声でどなったりすることになるかもしれません。
このように、微妙な非言語メッセージは、強い感情が抑圧されていることを示しているかもしれません。この例で、キャスターに追求されているえらい方は、いくら満面に笑みをたたえていても、心のうちに強い怒りを持っていたと考えられます。そうした抑圧された感情は、微妙なほんのちょっとした非言語メッセージとして最初にあらわれるのです。
吉福さんは、クライアントの中に微妙な反応が見られた時、それを見逃しませんでした。まあ、吉福さんは、ニュースキャスターみたいなことは、しません。そのかわりに、静かな口調で、その反応をクライアントに気づいてもらうように話しかけるのです。
例えば、指先以外にも、しきりにのどを押さえる仕草をする、特定の話題になると咳をしたり目が微妙に動いたりする、目元や口元が緊張する、肩が前に出てくる、うつむき加減になる、呼吸が浅くなったり速くなったりする、声のトーンが変化するなどの反応を、吉福さんは、注意深く見て、ただ指摘するのです。けっして非難する調子ではなく、相手の葛藤によりそう形です。例えば、「◯◯さんが、息子さんのお話をする時、胸を押さえる仕草をしているのに気づいているかい?」といった具合です。
クライアントが微妙な反応に注意を向けた瞬間、その反応は、拡大して行きます。
<つづく>
向後善之

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(417)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ