本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>「学んできた事・とりくんでいく事 その105」-2

役に立つ心理学コラム「「学んできた事・とりくんでいく事 その105」-2」

「学んできた事・とりくんでいく事 その105」-2

その105 「トランスパーソナル心理学の 主張していることは現実とはあまりに違った」・・吉福伸逸さんの言葉の解説

これは、晩年に吉福さんから聞いた言葉です。そして、もっとその内容を聞きたかった言葉です。

吉福さんは、トランスパーソナル心理学を日本に紹介した張本人ですが、そのトランスパーソナル心理学が大きな広がりを見せている真っ最中に、ワークショップや講演会、トランスパーソナル心理学関係の翻訳等の仕事を一切やめ、日本を離れ、ハワイに移住します。
ハワイでは、家の手入れをし、料理を作り、畑仕事をし、サーフィンをするといった生活をしていました。吉福さんは、料理が得意だったようで、しっかりと出汁とって作っていたそうです。おいしいもの好きでしたしね。また、元々器用なのか、かなりおおがかりな大工仕事もしていました。吉福さんの家の書斎は、広々とし部屋なのですが、全て吉福さん自身が建てたものです。

ハワイに移住してからの吉福さんは、「日常生活を自覚的におくる行(ぎょう)をしていたようなものだ」と語っていたそうです。

おそらく、このあたりが、トランスパーソナル心理学との決別のヒントになるのではないかと思います。トランスパーソナル心理学は、個を超える心理学であり、人は相互に高め合い、集団的に成長していくという考え方を持っています。

ここからは、私の考えですが、吉福さんは、そうした「個を超える成長」という概念から、「個」に戻っていったのではないかと思うのです。

吉福さんが日本を去ったのは1989年、天安門事件とベルリンの壁の崩壊があった年でした。
そして、吉福さんが日本で再びワークショップをはじめたのは、2001年の9・11でした。

さまざまな議論のあるところでしょうが、人間は、本当にトランスパーソナルに成長する方向に向っているのでしょうか?

吉福さんは、少なくとも現在はそうではないと見ていたのではないかと思います。「宇宙との合一化ではなく、人と人のつながりが現実的であり、せいぜい目に見える自然とのつながりを感じるぐらいのものだ」と、ワークショップの中で吉福さんは言っていました。
そして、仏教への関心も小乗仏教の方に移っていきました。

ハワイに移住した後、吉福さんは、トランスパーソナル心理学の呪縛を逃れ、自分なりの理論を作っていきました。2004年以降の吉福さんのワークショップは、手法を踏襲している部分はありましたが、もはやトランスパーソナルの枠組みを超えていたと言えます。そして、統合失調症に対応できるセラピーを行うなど、現実的な効果を出していました。
吉福さんは、次にどこに行こうとしていたのでしょう・・・。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(417)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ