本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>モラハラのパターン2-2

役に立つ心理学コラム「モラハラのパターン2-2」

モラハラのパターン2-2

モラハラは、いわゆるパワハラ、DV、虐待、いじめなど全ての精神的暴力を含みます。
暴力のパターンは、決まっているのです。そのパターンを知っていれば、対策もとりようがあります。孫子の兵法じゃありませんが、「敵を知る」のが第一です。

3、くるくる変わる主張
ハラサー(ハラスメントをする人)の主張は、しっかりとした自己感が希薄ですから、ときとして180°変わります。外から見ると一貫性がないのですが、彼らの中では、なんらかの自己中心的、あるいは、自己正当化的なもっともらしい理由が存在します。ハラサーたちは、実は、正面切って批判されることを恐れており、自分の立場が不利にならないように主張を平気で変えていきます。

4、合理化
合理化 (Rationalization)とは、自我防衛機制のひとつで、本当の動機が自覚されていない行動や感情や考え等に論理的、道徳的に受け入れられる様な説明をつける事です。
例えば、利己的な欲求を覆い隠し、「組織を守るために、当然のことをしたまでだ!」などと言ってしまうなどです。

5、否認
否認 (Denial)とは、自己像とずれる様な体験をした場合、意識されないような自我防衛機制です。例えば、自分の過去の発言とまったく異なる発言をすることなどで、本人も、本当に過去の発言を覚えていないことすらあります(無意識の中では覚えているのですが)。
ハラサーは、追いつめられると否認を恫喝的に使います。「君は、私が嘘を言っていると言うのか!」などですね。

6、投影同一視
投影同一視(Projective Identification)は、投影(Projection)とは異なり、自分の中の不快な部分を切り離し(分裂:splitting)、特定の対象に投影し、その切り離し投影した部分と対象を同一視し、批判したり攻撃したりする自我防衛機制です。
例えば、自分の能力に対する不安を切り離し、その不安を他者に投影し、「お前は、こういう高度な仕事をする能力が無いんだよ!」などと非難することです。言われた側からすれば、「それは、あなたのことでしょ?」と言いたくなってしまいます。
つづく

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(419)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ