本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>統合的セラピーの観点とauthenticity-2

役に立つ心理学コラム「統合的セラピーの観点とauthenticity-2」

統合的セラピーの観点とauthenticity-2

統合的セラピーの観点から、理論・技法の分類をしたもの(地図)を、ここ最近いくつか投稿しました。

そうした地図を見ると、セラピストは、マシンガンのようにさまざまな技を繰り出さなきゃいけないのか・・・と、思ってしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

セッションの多くの時間は、クライアントとの(言語・非言語の)会話にあてられます。「技」は、ここぞっていうときにくりだすものでしょう。

セラピーにおいて、もっとも大切なのは、セラピストのauthenticな姿勢です。authenticityがなければ、共感も生まれません。

共感とともに直面化も必要なケースも多いのですが、共感なき直面化は、クライアントを傷つけることになってしまいます。

まとめると・・・

authenticityのない共感はなく、共感のない直面化はクライアントを傷つけ、authenticityのないセラピー技法には意味がない・・ってことだと思います。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(425)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ