本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>統合的セラピーの試み その2-2

役に立つ心理学コラム「統合的セラピーの試み その2-2」

統合的セラピーの試み その2-2

昨日の投稿を、ちょっと捕捉しますと・・、

【不安】と【うつ】は、さほどアプローチの内容に差はありません。違いは、不安の場合には、不安に直面するためにイメージ暴露のような手法を使うことが多いですが、うつの場合には、スキーマとか歪んだ信念とか自動思考を扱う場面が多いです。

【物質依存】については、感情に直接アプローチするセラピーも使いますが、早い段階で使うと、それが契機になってリラプスしてしまうことがあるので、使う場合には、行動療法・認知行動療法で、アルコール・薬物に手を出さない習慣ができてから、注意深く導入していきます。

【暴力の加害者】については、行動コントロールとマインドフルネスを最初からやります。

【精神病】に対しては、ソマティック的手法とマインドフルネスを使うことが多いです。そして、精神病のクライアントの場合、家族へのケアも大切です。精神病とは何か?精神病者に対してどう対応したら良いのか?などに対するサイコエデュケーションをするとともに、家族の方々には、マインドフルネスの練習をしてもらいます。
また、クライアントにある程度の観察自我があれば、認知行動療法を導入します。これがけっこう有効な場合があります。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(425)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ