本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>学んできた事とりくんでいく事 その52

役に立つ心理学コラム「学んできた事とりくんでいく事 その52」

学んできた事とりくんでいく事 その52

その52 「絶望の底には怒りがある」・・吉福伸逸さんの言葉の解説

絶望した人にとっての世界は、これから進んでいくべき道がすべてふさがってしまったかのように写っているものです。

彼らは言うでしょう。「すべてをためして、すべてがダメだった。もう何もない」と。

しかし、吉福さんは、そんな絶望の中でも「世界をよくみてごらん」と言うのです。

そうすると、何もないように見えた世界が実は無ではないことに気づいていきます。吉福さんは、絶望の奥底に、怒りが見えてくるのだと言うのです。それは、自分が絶望に陥ったことに対するやり場のない怒りなのかもしれません。

さらに、吉福さんは続けます。「怒りの底には悲しみがある」、「悲しみの底には哀しみがある」と。

おそらく、哀しみの底にはいとおしさがあるのでしょう。いとおしさの底には静かな感動があるのかもしれません。その静かな感動は、生きていることへの讃歌なのかもしれない・・。ここは、私の考えです。吉福さんに聞いてみたいです。たぶん、何も言わずに笑うだけでしょうね。

吉福さんのように「悲しみの底には哀しみがある」あたりで止めておく方が、趣があるというものでしょう。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)


役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(376)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ