本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>学んできた事・とりくんでいく事 その28

役に立つ心理学コラム「学んできた事・とりくんでいく事 その28」

学んできた事・とりくんでいく事 その28

その28 「昨日の自分と今日の自分は同じではない」・・吉福伸逸さんの言葉の解説

吉福さんの言葉は、ときに矛盾しています。

その27でお伝えした「人間は、現状の自分を保つということに基本的に腐心する」と「プロセスが、その人を、その人にとって最もよいところに連れて行く」は、矛盾しているように見えます。

それ以外にも、例えば、「原理主義同士の対話は成立しない(その10参照)」と、原理主義に固執しない対話のあり方を示したと思えば、すぐその後に、「でも、僕は脱原発原理主義だけどね」などと言うといった具合です。

吉福さんは、我々をひとつの場所にとどまらせません。「そこかと思えばまたあちら」といった具合です。これは、いつかお伝えしますが、吉福さんのセラピーの基本的な姿勢でもあります。

「吉福さんと言う権威がある発言をする、そして、その追従者達が、吉福さんの言葉を盲信し、教義にしてしまう」・・といった状況になるのを、吉福さんは徹底的に避けていたようにも思います。

答えは、ひとりひとりが自分の頭で考えて出さねばなりません。ですから、吉福さんは、いつもぽんっと言葉を置いて行くという感じで、その言葉の詳しい説明はしませんでした。

そして物事は、ひとつの考え方で全て語れる訳ではないのです。元々、人間って矛盾した生き物ですからね。例えば、「最低!あなたなんか大嫌い!・・でも、スキ♡」なんていうのもあるじゃないですか?

ある泊まりがけのセッションで、私は、吉福さんに言いました。

「吉福さん、昨日言っていた事と違うじゃないですか?」

詳しい内容は忘れてしまいましたが、前日私と話していたのとまったく違う方向でセッションが始まってしまったのです。

それに対する吉福さんの答えは、

「向後さん、昨日の僕と、今日の僕が同じだと思うかい?」

でした。

私も参加者の皆さんも、これには大爆笑でした。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)





役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ