本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>SNEP 4

役に立つ心理学コラム「SNEP 4」

SNEP 4

タイプ4:知らず知らずに空気にあわせすぎる人たち
このタイプの人たちは、無意識のうちに空気を乱さないように行動してしまう。
例えば、
常に「いい人」を演じようとする人たち:なんでもひきうけてしまいアップアップになってしまう。
「決めない」ひとたち:自分で決める事を避け、他者の意見に従おうとする傾向の人たちで、例えば、「お昼どこで食べる」と聞かれても、常に「どこでもいいよ」と言ってしまう人たち。
「隠れる」人たち:常にめだたないように行動する。
このタイプの人たちは、タイプ2と似ているが、タイプ2が、自分自身の心理に気づいているのに対し、タイプ4は明確には気づいていない場合が多い。
自分の願望・希望・理想・感覚に明確に気づいていないため、他人の価値観を自分の価値観だと思ってしまうことがあり、「自分が無い」などと言われる事もある。
このタイプは、自己不全感があり、「私」を主語にして自己主張するのが苦手です。
彼らは、好き好んで空気にあわせすぎてしまうのではなく、過去に自己主張して痛い目にあった体験から、過度に空気にあわすようになってしまう。
タイプ3と同様、リスクマネジメントをしようとするがクライシスマネジメントが苦手です。

タイプ5:元々不安傾向が強い人たち
学生時代から、なんらかの理由(親子関係、対人関係、学校生活での不調など)により、不安傾向が強い人たち。
社会に出る前から、コミュニケーションが苦手。社会に出る事に不安を持っていた人たち。


と、全部で5つのタイプに分類しました。それぞれのタイプに応じたサポートが必要だと思いますね。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)


役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ