本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>第ハラサーは組織を潰す(1)

役に立つ心理学コラム「第ハラサーは組織を潰す(1)」

第ハラサーは組織を潰す(1)

第一章・・・深刻化する職場内モラハラ・職場外モラハラ

職場で広がる複雑性PTSD

 これまで職場での心の問題と言えば、うつが注目されていました。実際、私が勤めているカウンセリングオフィスに訪れる相談者の多くは、興味ややる気の減退、不眠、疲労感、集中困難、空虚感、自殺念慮などを訴えていました。
 現在でも、そうした抑うつ症状を訴える方は多いのですが、ここ数年、動悸、発汗、胸部や腹部の不快感、過呼吸、窒息感などの身体的な症状を抑うつ症状とともに訴える方が急激に増えてきています。中には、自分自身の感情を語れない過度の感情抑制や身体感覚の鈍磨が認められる場合も少なくありません。カウンセリングオフィスの中で非常に緊張して、目を見開くあるいは、カウンセラーと目を合わさず、体のあちこちに力がはいり、声がふるえていたり詰まっていたり、非常におびえた様子を呈します。
 こうした反応は、抑うつ症状に加え、パニックなどの不安・恐怖の症状及び、解離(自分が自分でなくなるような感覚を持つ)の症状を併せ持っていることを示していると言えます。また、多くの場合、そうした症状にいたるまでにパワーハラスメントや、職場内いじめ、顧客からの執拗なクレームなどの精神的暴力を長期間受けていました。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)
向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(376)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ