本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>欧米と日本のナルシズムの違い(4)

役に立つ心理学コラム「欧米と日本のナルシズムの違い(4)」

欧米と日本のナルシズムの違い(4)

その後、アグリッピーナは、ネロをクラウディウスの養子にすることに成功します。

クラウディウスには、ブリタニクスという息子がいたので、ネロを養子にする必要はまったくないのですが、おそらく彼女は、強引に執拗にネロを養子にすることをクラウディウスに説得したのでしょう。しかも、ネロをクラウディウスの娘オクタヴィアと結婚させ、法律上もクラウディウスの息子という関係にすることに成功しました。

クラウディウスは、六十三歳で死去しましたが、アグリッピーナが毒きのこ料理を食べさせて暗殺したという史家達も多いようです。

アグリッピーナは、ブリタニクスを差しおいて、ネロを皇帝につけ、その後、より自分を強く主張するようになりました。その象徴的な例が、当時発行した通貨の構図です。通貨には、ネロとアグリッピーナが向かい合う構図が採用されました。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(395)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ