本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>カルトの暴走と社会−3

役に立つ心理学コラム「カルトの暴走と社会−3」

カルトの暴走と社会−3

前述した様に、カルトがすべて危険なわけではなく、社会と共存している宗派も多数存在します。また、既成の宗教に満足できない人達が、新たなる道としてカルトを選択する事を否定する事はできません。
しかし同時に、オウム真理教をはじめとするいくつかのカルトが、過激化・孤立化し、社会に対する敵意を増大させやすいシステムを持っている事も事実なのです。

これら過激化するカルトの本質的な問題点は、スピリチュアルなプロセスに対する理解不足と、それに伴うスピリチュアルなエリート主義の蔓延であると言えます。

以下に、オウム真理教の事例を踏まえ、社会と共存可能なカルトの条件について判断する指標を提案します。

1)グループの指導者達が、適切なレベルの一貫した統合的自己を確立しており、自己を内省的、非防衛的にみつめる能力のある事。

2)グループの指導者達は、スピリチュアルなプロセスに対し、その危険性も含め、十分な知識と経験を有している事。(スピリチュアル・エマージェンス / エマージェンシーに理解があり、プロセスが早すぎる場合には、スローダウンの措置がとれる事)

3)グループの指導者達は、スピリチュアルなプロセスと精神病の違いを認識している事(文献1)。

4)スピリチュアル・エマージェンシーに陥った時に、信者は、そのプロセスが終了するまで十分なサポートを受けられる事。(不十分なサポートにより積み残された、自我・前自我レベルの精神心理的なテーマは、スピリチュアルな体験を自我防衛機制の強化という形で歪め、スピリチュアルなエリート主義等の自己肥大を招く恐れがある)

5)指導者達が、スピリチュアルなエリート主義に陥っていない事。

6)指導者達が、超能力に固執していない事。超能力がスピリチュアルな成長の証ではない事を十分に理解している事。

7)指導者達が、過度に終末論に固執していない事。(多くの場合、終末論は、元型レベルの恐怖や不安の反映である)

8)幻覚剤他の向精神薬は使用しない。〔向精神薬の使用による体験は、@日常の意識状態と別の意識層で起きている現象であり、A自我の防衛機制をバイパスしており、B新たな自己構造を構築する準備ができていない場合が多い事から、統合的なプロセスに繋がらない事が多い(文献2)〕

9)集中的な修行に入る前に、信者の精神的・身体的な状況をチェックできる事(修行が危険かどうかの判断ができる事)。

10)信者達が社会とコンタクトを維持できる事。

11)脱会が自由にできる事。

本来カルトは、けっしてAll-badなものではなく、新たな枠組みでスピリチュアリティを理解する方向性を示す可能性を持ち合わせます。そもそも、現存する既成宗教のほとんどは、そのスタート時点では、カルトだったとも考えられます。そして、社会と友好的な関係を築いているカルトも、実際に多く存在する事も事実です。

日本のカルトが暴走しないためには、カルト自体が、スピリチュアリティ(及び、スピリチュアルな探求に伴う危険)に対する知識を深め、スピリチュアルなエリート主義の発生を防ぐシステムを持つべきである事は当然ですが、同時に、共依存的な社会形態の下に単にスピリチュアリティを否認するのではなく、個々の多様性に寛容で、スピリチュアリティの探求に対して共感的に理解しサポートする事のできる社会のありかたを模索する必要があると、僕は考えます。

(文献1)Lukoff, D. (1985), The Diagnosis of Mystical Experiences with Psychotic Feature, The Journal of Transpersonal Psychology, Vol.17, No.2, 1985, pp.155-181
(文献2)Cortright, B.(1997), Psychotherapy and Spirit, NY:SUNY

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ