本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>ハラスメントと自己愛の元型(2)

役に立つ心理学コラム「ハラスメントと自己愛の元型(2)」

ハラスメントと自己愛の元型(2)

たぶん、日露戦争の頃までは、日本人は、そんなに自己愛的ではなかったように思います。謙虚でしたし、ロシアの実力と自分の実力を冷静に見つめる姿勢があったように思います。ですから、ほんのちょっと有利になった時点で、さっさと講和しているわけです。戦争が長期戦になったら、日本が負けることは明白だったからです。



それが、日露戦争に勝った後から、自我肥大を起こして自己愛傾向が強くなっていったのではないかと考えます。それが、日中戦争から、太平洋戦争まで拡大し、そして敗戦をむかえるという一連の出来事の背景にあると思います。日露戦争のときと違って、例えば太平洋戦争では、初戦の勝利がいつまでも続くと思って、戦線をどんどん拡大していきました。



こうした自己愛的傾向は、敗戦によって変わったのかというと、そうではないのです。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ