本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>人間関係の4つのパターン(9)

役に立つ心理学コラム「人間関係の4つのパターン(9)」

人間関係の4つのパターン(9)

 そして、所属意識は、自分と自分が所属しているグループの中の人達と同じような有用な資質を持っていると感じることで得られます。それは、同じ歌が好きだとか、得意なものが同じといった、たわいのないものでよいのです。

これは、一見グループ意識の強い日本では、獲得しやすい資質であるように思えますが、実は、必ずしもそうではありません。

日本においては、グループ内の暗黙のルール(規範)が非常に強く、その強いルールにより、みな同じでなければならないという雰囲気になりがちです。同じ資質を見つけようとする行為は、自発的なものでなければ意味が無いのです。外から与えられた同質さは、自分の価値観より、他者から要求された価値観を優先するようになる原因となります。また、その結果、他者と少しでも違うところを見つけると強い不安を感じるようにもなります。例えば、近年、学芸会で皆が主役を演じる、運動会から徒競走をなくすというようなことが、あちこちで行われているのですが、これは、無理やり全員を同質化しようという試みで、子供たちの不安を乗り越える耐性を奪うことになります。

 このように、現在の日本の社会は、未知の体験への過度の不安を高め、小さな失敗でつまずきやすい若者を作り出す社会だと言えるでしょう。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ