本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>悟り?の境地

役に立つ心理学コラム「悟り?の境地」

悟り?の境地

近年、心理学の世界で、「人間の精神的な発達過程には、自己を超えたスピリチュアルな成長がある」という考え方が主張される様になってきました。
すなわち人間は、自分を知り、自己を受容する段階を越え、さらにスピリチュアルな成長をする可能性があるという事です。

スピリチュアルな成長は、これまで、宗教の守備範囲だったのですが、最近では、心理学の観点からそうした成長を記述しようという試みが生まれ、その動きのひとつの大きな流れが、心理学の一学派であるトランスパーソナル心理学の誕生です。

トランスパーソナル心理学の重鎮達、例えば、ケン・ウイルバー、スタン・グロフ、マイケル・ウォッシュバーン、ロベルト・アサジョーリ等、多くの人たちがスピリチュアルな成長の過程を描いてきました。

さまざまな理論があるものの、その到達するゴールの記述はほぼ同じです。そこでは、人は自己を保ちながら世界との一体感を強く感じ、恒久的なこころの平穏を得る事ができ、そして、自己と一体でもある世界に対し無条件の愛情を感じ、さらに自分自身も、言葉で言い表せない様な至福感につつまれるといいます。

これは、たとえば、禅でいう「悟り」の境地に似ています。

僕はかつて、ある禅寺に20人ほどの高校生を案内した事があります。僕達が禅寺に着くと、そこではひとりのお坊さんが落ち葉を掃いていました。その光景は、厳粛で、静かで、それでいて自然で、日本の伝統的な美を感じさせるものでした。

そのお坊さんに案内され、禅寺の中を見学し、座禅の体験をしたりしていくうちに、最初はおしゃべりをしていた高校生達も、初めて見る禅寺の荘厳な雰囲気の中で次第にまじめな表情になり、尊敬と興味のまなざしで案内のお坊さんのお話を聞くようになっていきました。そして、最後にそのお寺の老師からお話を聞く事になりました。

老師からお話を伺う時、たまたまそこにアメリカ人が数人見学に来ていて、いきがかり上、僕が彼らの通訳をする事になり、高校生と離れて老師のすぐ横にアメリカ人達とともに席につきました。

ひととおり老師のお話が終わった後、質問コーナーになりました。そこでは高校生達が、意外にも(失礼!)熱心に質問をしていました。彼らの中にも、なにか深くこころを動かすものがあったのでしょう。

そのうち、ひとりの女子高生が「無ってどういう状態なのですか?悟りって何なのですか?」と質問をしました。老師は、にこにこしながら「良い質問だね」と言い、「無」と「悟り」についての説明を始めました。
僕の横にいたアメリカ人達も、食い入るように老師をみつめ、僕のつたない英語に熱心に耳をかたむけていました。

老師の説明は、要約すると次の様でした。「人は、修行の後に無の境地に達する事ができる。しかし、無といってもまったく何もない訳ではない。いろいろな感情が浮かんでは消える。その浮かんでは消える感情を追いかける事をしないで、じっと眺めている自分がいる。これが、悟りである。」

僕は「なるほど」と、老師の説明に納得すると共に、アメリカ人達に対し、少し得意な気持ちになりました。「どうだい?日本の文化ってすごいだろ?」って言いたい気持ちでした。アメリカ人達も、こころから老師のお話に感動した様でした。

それからしばらくして、老師をはさんで僕の反対側に座っていたひとりの男子高校生が手を挙げました。彼曰く、「日本の坊さんは信用がならない。彼らは戒名ごときに高いお金をとって、おまけにお布施までとる金の亡者だ。」

正直言って、「まずいことになった」と思いました。しかし「一理はある」し、老師はどう答えるのだろう?と思い老師を見ると、そのヘアー?スタイルのため、後頭部がみるみるうちに赤くなっていくのがわかりました。老師は一喝しました。

「君のような人間がいるから日本の仏教は誤解されるんだ!」

僕はお役目上、老師の上記発言をアメリカ人達に通訳しました。すると、アメリカ人のひとりが、にやっとしながら言いました。

「老師は、怒りを追いかけているみたいだね。」

悟るためには、長い道のりが必要な様です。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ