本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>家族と共依存(13)

役に立つ心理学コラム「家族と共依存(13)」

家族と共依存(13)

お母さんは、何故「何事もなかった事にしよう」と思ったのでしょうか?おそらく、お母さんは怖かったのです。娘が薬物依存になるなんて、想像もしていなかったでしょう。そして、お母さんからは、家族がどんどん崩壊しているように見えるのです。

「できるなら見たくない」と考え、「そのうち花子も心を入れかえるだろう」という期待を抱くのも自然ななりゆきです。しかし、ドラッグの問題のような深刻な事態は、当人(この場合は花子さん)が自分でこころをいれかえ、家族が自然に元の状態にもどるという事は、ほとんどないのです。さらに、この「何事もなかった事にしよう」という思いの底には、「他人からの非難に対する恐れ」があるかもしれません。娘がドラッグをやっているなんて知れたら、回りの人たちからなんと言われるかわかったものじゃありません。陰に陽に「あなたの育て方が悪かった」と批判される事にもなるでしょう。

このプレッシャーは、村社会的な日本では、非常に大きなものです。だから、このお母さんが、夫から「おまえの育て方が悪い!」と非難された時、とても傷ついたとともに、「やがて色々な人達から同じことを言われるかもしれない」という思いに恐怖したことでしょう。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ