本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>部下指導のキーポイント(5)

役に立つ心理学コラム「部下指導のキーポイント(5)」

部下指導のキーポイント(5)

5.「10年早い」は、禁句。

部下がアイデアを提案をしてきたり、意見を述べたりすると、「10年早い」などと言ってしまう上司がいます。これは、いけません。

いかに経験が少なかろうが、部下もプロとして扱うべきです。また、経験が少ないゆえの斬新なアイデアを部下は思いつくかもしれません。従って、上司には、彼らの意見に耳を傾ける姿勢が必要です。

「10年早い」は、彼らのやる気を著しく削ぎ、また、自分の提案や意見を出すぎた行為と考え、やがて、発言を控えるようになるかもしれません。さらに、「10年早い」という言葉は

、「自分はまだまだ足りない」という思いをふくらませ、最終的には自信を失わせることになります。「10年早い」と発言する上司は、自分自身のやり方に固執していて、柔軟性が欠けており、実は、業務を十分に理解していないとも言えるでしょう。自分できちんと説明できないから、「10年早い」で片づけようとしているのです。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(395)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ