本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム> 学んできた事・とりくんでいく事 その51

役に立つ心理学コラム「 学んできた事・とりくんでいく事 その51」

学んできた事・とりくんでいく事 その51

オルダス・ハックスリーというイギリスの作家に「島」という小説があります。イギリス人ジャーナリストがインド洋上の島に漂着すると、そこはユートピアであったという小説です。島の人々は温和で利他的で思いやりがある人々です。悪意のある人なんかはいないので犯罪もありません。人々は、その島で幸せに暮らしています。

そこでは、だれも不安を感じずにすむのです。

この小説の最後に1羽の鳥が登場します。その鳥のことをだれも気にも留めません。鳥は、「Wake Up! Wake Up!」と鳴いていたのです。

完璧に平和で幸せな社会・・それは、まるで眠っているようなものなのです。なにも起こらず、なにも進展しません。「Wake Up!」の声も聞こえません。

不安の最中は苦しいけれど、不安がなにもない世界は退屈です。そして、不安があるからこそ、人は成長すると吉福さんは言います。

不安は生まれる瞬間から始まります。穏やかな子宮を追われ生まれでてくるという不安、母親から離れるという不安、学校に行くという不安、性的な不安、落ちこぼれるのではないかと言う不安、振られるのではないかと言う不安、子どもがちゃんと育つだろうかという不安、病気になるのではないかという不安、老いていくという不安、近づく死への不安・・生まれてから死ぬまで、人は何度も不安に出会います。

その不安の直面しをそれを乗りこえることによって、人は前に進むことができるのでしょう。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(290)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ