本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>「薬物依存について思うこと」-2

役に立つ心理学コラム「「薬物依存について思うこと」-2」

「薬物依存について思うこと」-2

あるバラエティー番組を見ていたら「清原を永久追放にしろ!」とか、「またやるだろう」みたいなことを言っている人たちがいました。確かに再びやってしまう例は多いですが、そんなに断定的に言えることではないし、言う意味があるのだろうか?と思いました。せいぜい、「再びやってしまう人が多い」ぐらいでいいのではないのでしょうか?この件に関して、ずいぶんジャッジメンタルです。

僕がカウンセラーとして、最初にトレーニングを受けたのは薬物・アルコール依存者対象のカウンセリングセンターでした。普段の彼らは、有能であったり、ウィットに富んだ会話をする人であったり、博学な人であったり、愉快な人であったり・・・普通の人たちでした。

彼らは一生懸命依存から脱しようとするのですが、何人かはリラプス(再びドラッグやアルコールを採ってしまうこと)してしまいます。リラプスした彼らがプログラムに戻ってきた時、多くは「自分はダメだ」という気持ちに苛まれていました。
僕らは、リラプスについて非難するのではなく、「失敗(リラプス)から何を学んだのか」ということを話し合いました。

依存から回復するのは、確かに困難です。でも、10年以上クリーンな状態を維持している人と何人もお会いしました。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(455)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ